自分に遠慮する生き方はやめよう

lets-stop-way-life-refrain-from

あなたは自分自身としっかり向き合っていますか?

自分が思ったことと逆の行動を取ってしまったりしていませんか?

それらは結果的にあなたの負担になっていませんか?

どうもkazyです。今回は、自分に遠慮して生きている人についてお話ししようと思います。

自分に遠慮している人の共通点

まず自分に遠慮してしまっている人の共通点についてみてききます。

自分に遠慮している人の共通点はどのような人でしょうか?

あなたは以下に当てはまっていませんか?

・人に迷惑をかけるのが嫌

・怒られるのが嫌

・自分の意見よりも周りの意見を気にしてしまう

・問題が起きた時にまず自分を責めてしまう

・まずリスクを考えてしまう

当てはまる人は、自分に対して遠慮して生きている可能性があります。

僕自身、学生時代からずっと、上記のようなことを気にして生きてきました。

誰かに迷惑をかけてしまうなら自分の意見を2番目に考えて行動すれば、相手を傷つけなくて済みますし、問題が起きることも少なくなります。

遠慮して生きることのメリット

これらによるメリットは、何か考えてみると、いずれも

自分を守ることができる

という答えに僕は行き着きました。

これは一見してみると、自分を守るための最善の方法だと思うかもしれません。

周りの輪を乱さずにそれとなく自分を消して、生きることができますし、そもそも他人との問題や衝突が起きづらくなるのは確かです。

いつからか自分の意思とかけ離れた行動になっていく

あなたは本当に、このような生き方を望んでいるでしょうか?

僕は、学生生活や社会人になっても、そうすることが自分の意思で、それが自分の性格で、自分という人間を形成する全てだと思っていました。

学生時代は、なんとなく、周りと同じ意見に合わせたり、それとなく取り繕ったりすることで、その場をやり過ごすことは可能でした。

社会人になってからも、同じように対応して日々過ごしていました。

しかし、そうして生きていくと、徐々に自分にストレスが溜まっていきます。

本当はこう思ったけど、周りに合わせた方が…

本当はこう思ったけど、問題起こしたくないしなぁ…

その初動で自分が思ったこと、その意思を捻じ曲げた行動が、自分という心に対して、嘘をついてしまっています。

自分に嘘をつくと、その時は、問題は起きませんし、周りにも当然、迷惑もかけずに済みます。

しかし、長期的に見ると、あなたはあなたの心に傷をつける行為をしてしてしまっているのです。

この行為の問題点は、本人が本当の自分の気持ちに気付きにくくなってしまうこと、また自分の気持ちに嘘をつくことで、満足感や達成感、やる気といった気持ちを激減させてしまうといったことです。

本来自分がやりたい行動と違う行動をすると、当然得られる結果が自分の目標とする結果ではなくなります。

そうなると得られた結果に100%の満足感は得られないでしょう。

その満足感が50%か20%かは、わかりませんが、やりたい行動をした時より低いことは確かです。

満足感や達成感とは、自分が成長する上でとても大切な要素です。

これがあるから次の目標を目指せたり、幸せを感じられたり、安心感を得られたりすることができます。

本来の自分は、本来得られたはずの満足感を永遠に得られず、次も..そしてその次もどんどん不安感は募っていきます。

そしてどうなるかとういと、

どうせやっても失敗する

どうせ自分の意見は通らない

どうせ…

思うようになるのです。

遠慮するメリットはない

つまり

遠慮するメリットは実はないんです。

デメリットでしかない。

あなたの可能性、満足感、達成感、それらすべてをないがしろにする行為の元凶は、

遠慮することにより起きています。

ただ、何でもかんでも遠慮しないで行動したり、発言したりするのはまた違います。遠慮しない=自分に嘘をつかないということ。

自分の意見を伝え、相手の意見を踏まえ、議論し、結果的に違う結果となってしまうのは別にいいんです。

何も発せず、自分という心の意思を尊重してあげることが大事です。

僕は、以前まで、前述してきた通りの生き方をしてきました。そうして生きているとやっぱり苦しいんですよね。

本来楽しいことをしていても、楽しくなかったり、周りを気にして、自分の行動が自分によって制限されたり、達成感も満足に感じられなかったり、将来に希望がもてなかったりしました。

そいういう行動を取って生きている人に共通するのは、自分に正直に、好きなことをして生きている人を見ると、輝いて見えたり、羨ましくなったりするんです。

自分とは違う生き方をしている人をみて、

「自分とは違うんだな」

と考えてまた自分を卑下します。

楽しく生きたいなら自分に正直になろう

遠慮する生き方をしてきた僕ですが、エンジニアになってつい最近過労で体調を崩したんですね。

その時に自分の考え方や行動がこの出来事を引き起こしているのではないかと、自問自答し、過去の自分の言動を振り返って、見つめ直しました。

やっぱり自分に正直に生きた方が楽だし、楽しいという結論が出たんです。

いや、この答えに行き着くまでにそこまで時間はかかりませんでした。

僕の場合、29歳アラサー、今後のキャリアプランに対する不安、過労、仕事楽しくない、というような状況から考えざるおえなかったのかもしれません。

自分のやりたいことを目指す。自分に嘘をつかないということを決めて、行動するようになってから、日々の満足感や、達成感、そして何より、結果が変わりました。

行動して失敗したことも、ありのまま受け入れられるようになり、成功したことに対する満足感は今ままでのそれとは全然違いました。

どうしてもっと早く、行動しなかったんだろうと思うほど、単純なことでした。

だけど、遠慮することのメリットがデメリットだとわからないうちは、難しいことなのかもしれません。

でも僕と同じような状況になる前に、自分に嘘をつかない、他人に遠慮しない生き方をすることができれば、あなたの人生はもっと豊かになるはずです。

これを見て、少しでも誰かの役に立つことができれば、嬉しく思います。

みなさんも明日から他人に遠慮することをやめてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA